放射線治療がある|ガン治療をあきらめない

医者と看護師

最先端のがん治療

自己免疫を培養した治療

女医と女性

がん治療の最先端として注目されているのがNK細胞療法です。NK細胞療法は自己の免疫細胞を体外で数百倍から数千倍に培養し活性化させて、もう一度体内に戻す治療方法です。人間の体はがん細胞をはじめ、細菌やウイルスなど様々な病原体によって常に危険にさらされています。それでも病気にならずにいられるのは、免疫システムが働いて病原体から身体を守ってくれているからです。がん患者の多くは自己免疫機能が低下しており、免疫システムが働かず抵抗力がないことが解っています。そこに着目したのがNK細胞療法です。NK細胞療法は体外で培養され細胞を増やし活性化させた免疫細胞を体内に戻すことで、がん細胞を高い確率で攻撃し進行を止める事が出来る治療で、最先端のがん治療として注目されています。

患者のメリットと問題点

NK細胞療法を受ける患者のメリットは副作用が無い事です。患者本人の免疫を利用するので、副作用の心配がいらない身体に優しい治療法です。NK細胞療法で活性化されたNK細胞は体中を廻り、素早くがん細胞を攻撃します。そして一般的に「がん」と名の付くもの全てに効果的なのもこの治療の特徴です。しかしNK細胞療法には問題点も存在します。NK細胞療法は長期的な培養期間と高額な治療費が必要となります。NK細胞療法は保険適応外治療であり、1回の治療に数十万円が必要です。また、培養期間が長い理由として、培養自体がとても難易度が高い事があります。そして治療の効果により1〜6回のクールに分けて治療を行う必要があります。