放射線治療がある|ガン治療をあきらめない

医者と看護師

がん治療の現状

体への負担がない理由

ナース

がん治療というと体への負担が大きいというイメージがありますが、がんの最先端治療、免疫細胞治療は体への負担がない治療法です。それ故に、大きな注目を集めています。免疫細胞治療を端的に言うと、免疫力を高める治療法です。人間には元来、がん細胞に対する免疫力があり、がん細胞は健康な人でも生まれるものなのですが、その都度、打ち負かしています。このように、がんの発症と免疫力は深く関係していますので、がんを患っている人は免疫力が低下していると考え、再び、がんを打ち負かすほどの免疫力をつけさせようというのが、免疫細胞治療です。免疫力を高めるといっても、何かしらの薬を投与したりするわけではないのです。患者の体内から免疫力の源となる免疫細胞を取り出し、培養して、体内に戻します。劇薬を投与するのではなく、患者自身の免疫細胞を活性化させるだけですので、体に負担がないのです。

治療費問題の対応策

免疫細胞治療の問題は、最先端治療であるが故に、保険適用外の自由診療であることです。最先端治療ですから治療費は高額となりますが、その治療費を全額自己負担しなければならないのです。この問題の対応策は、医療費控除を受けることです。医療費控除を受ければ納税の際に優遇されますので、実質、一部ではありますが治療費が戻ることとなります。また、免疫細胞治療は現状、専門的なクリニックで実施している場合が多いので、そのクリニックと提携している病院を見つけて、その病院で免疫細胞治療以外の診療を受けるというのも手です。病院での診療は保険適用となりますから、経済的な負担は軽減されます。がんを発症する前ならば、がん保険への加入が最善です。最近のがん保険には、免疫細胞治療の治療費を全額出してくれるというものもあります。