放射線治療がある|ガン治療をあきらめない

医者と看護師

新しいがん治療法です

病室

近年、新しいがん治療法として注目されているのが「免疫治療」です。免疫治療では、名前にあるように人の体内に生来備わっている免疫システムを利用します。免疫システムとは、体内に細菌やウイルスなど異物が侵入してきた時に、その異物を認識し排除するシステムのことで、これは体内で発生するがん細胞に対しても機能します。このがん細胞を認識し排除するという働きを利用したものが免疫治療です。がん細胞は免疫システムの監視を潜り抜けて増殖すると通常の免疫細胞では対応できなくなります。そこで、患者の体内から採血などによって免疫細胞を強化・増殖させて体内に戻しがん細胞を攻撃させます。強くなった免疫細胞は通常よりも激しくがん細胞を攻撃するため、がんが縮小・消滅するというわけです。これが免疫治療の仕組みです。

免疫治療は患者の体内にある細胞を利用するため副作用が少ないというメリットを持ちます。ただし、即効性があるわけではないので長時間かけてゆっくりとがん細胞を縮小させていきます。また、他の治療法と併用できるというのも長所の一つです。例えば、手術や放射線治療を行った後に免疫治療を行って、がんに決定的なダメージを与えたり、がんの再発を防ぐといった目的で使用する事ができます。このように、現在では補助的に免疫治療を利用するということが一般的です。免疫治療は保険が適用されない自由診療です。6回投与の1クールでは200万円から300万円が費用の目安です。次のクールを行うかどうかはその時の体調や検査結果により決定します。